その批判は嫉妬かもしれません、存外

ルサンチマンに立ち向かう人を応援します。 理想の自分を手に入れましょう!!

MENU

コンテンツの作り方


 ◇◆共感した方/ためになった方 応援お願いします◆◇
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

教材=コンテンツ

情報教育ビジネスにおけるお話になりますが,
コンテンツは教材ということで,お話しします。

まず,どのように教材を作るのかといいますと,
形式はPDFで十分です。
重要なのは,形式よりも中身です。

仲美佐江充実していればよいのです。

ad.jpg

コンテンツビジネスで求められるのはなんでしょう。

それは,ピンポイントな情報です。


タイトルだけで中に何が書かれているのかわかるくらい,
タイトルというのも重要です。

また,細かい所をついたものや,
ターゲットが明確なものは,
買う顧客側からしたら,直行でそれを読みたくなりますよね。


例えば書籍の場合,
「何のために生きるか」
のようなかなり抽象度の高いタイトルのものもありません。

こういう本の場合,読者はタイトルを見て
直行でこれを知りたいと思って手に取るわけではありません。

基本的には,本そのものを楽しむ目的で,
最後に筆者の結論がわかるといったような展開であると考えられます。

しかし,コンテンツビジネスではその真逆のことが求められます。

開く人にピンポイントで知りたい情報を提供しなければなりません。
熟読してくれる人はほとんどいませんので,
共感を覚えられなければ,他に行ってしまうわけなんですね。

共通意識にというものを感じてさえもらえれば,
あとはその内容によって,顧客の価値観を動かしてあげればよいのです。


大事なのはわかりやすさ

情報をわかりやすく,そして直ぐに伝えるには
どのような構成が必要になってくるでしょうか。

・結論から書く
 これは直感と理解のためには必須ですね
・余計な言葉を入れない
・難しい言い回しは必要に応じて

 これは比較的高度なものなので,
 乱用するならばないほうがいいです
・目次のタイトルを意識する
 先ほど説明したとおりですね。
 最初にイメージを描いてもらいましょう

この感覚は,
「遅刻しそうで道に迷っている人に,
道を教えてあげる」
ということに近いかもしれませんね。

そうすればなんとなくスクロールしてくれる人の
気を引き付けることができるはずです。


また,デザインも内容として重要なポイントです。
情報の分かりやすさという点で,です。
これはかなり奥が深いと思っています。

時代にあったデザインにすることは大切ですけどね。

広告を非表示にする

## 応援お願いします。照 ##


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ