その批判は嫉妬かもしれません、存外

ルサンチマンに立ち向かう人を応援します。 理想の自分を手に入れましょう!!

MENU

一喜一憂はしないほうがいい?


 ◇◆共感した方/ためになった方 応援お願いします◆◇
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人生,誰でも嬉しいことがあれば喜んで当然ですよね。

いいことがあればうれしいですし,
成果がでたらテンションがあがるのは自然なことです。

ビジネスの世界では,一喜一憂はNGなのでしょうか。

こんな意見をよく耳にします。
「そんなことで浮かれていたんではだめだ」

スポーツ選手とかは,たしかに目的が明確なので,
目先の結果に浮かれて堕落してしまうというのは
決していいことではありません。

プロのスポーツ選手になることとビジネスで成功するというのは
共通している部分がありますよね。

ビジネスでも目先の2万円の利益に浮かれていては
確かにダメなのかもしれません。

というのは,2万円稼いだから,しばらくなにもしなくていいや。
という風では成功への道の途中でわざわざ遠回りしていることと
同義だからです。

逆に言えば,2万円稼いだ!嬉しい。
もっと稼いでやろう!
という思考をするひとならば一喜一憂は明らかにプラスです。

あれはダメ,これはダメではなく,
今の自分に何がプラスなのか,
自分自身を俯瞰的に考察することが大事です。

この能力を持っている人が,
モチベーションアップのために喜びを感じるのであれば,
良いことだとは思いませんか?

世の中決めつけられる事柄が少ないことに
最近気づき始めました。

価値観が人によって違うわけですので,
バラバラな人を一様に決めつけることはできないと思うわけです。

ただ,一つだけ言えるのは,
たいして自分で稼いでいない人は,
一喜一憂しないほうがいいということです。

ある程度の結果に満足して,
その後伸びない可能性のほうが大きいですし。

だったらそのリスクを排除したほうが良いわけですよね。

一喜一憂によって,
自分の素直さが変わってしまう恐れがあります。

ビジネスを始めるうえでメンターから教わるなら,
それはすごく危険なことです。

だから,「一喜一憂はよくない」という,
一般概念が誕生しているわけです。


また,喜ぶの反対にはより気をつけなければなりません。

悪いことがあっても落ち込まない

悪いことはビジネスをやっているうえで必ず訪れます。
これを改善していった回数が成功につながるので。

未来を見据えて,
今自分がとるべき行動を選択できるという能力
磨けるとなおよいですね。

そこまで冷静に思考できれば,成功は近いはずです。

さらに言うと,これができてしまえば,
2万円とかそういうレベルでは
一喜一憂するはずもないですね。

つまり,一喜一憂している人は,
それくらいのレベルでしかない。
だから成功までの道のりはまだまだ遠いんだよ。
ということです(T^T)

未来に着眼点を置いて,素直に行動する
というのはかなり重要ですね。

広告を非表示にする

## 応援お願いします。照 ##


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ