読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その批判は嫉妬かもしれません、存外

ルサンチマンに立ち向かう人を応援します。 理想の自分を手に入れましょう!!

MENU

先を見据える←先に与える


 ◇◆共感した方/ためになった方 応援お願いします◆◇
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

先に与えるということから,

先を見据えるというところまでお話ししていきます。

 

---

突然ですが,はてなブログに引っ越しました( ´ー`)

今後ともよろしくお願いしますね。

---

 

ビジネスをやるうえで意識しなければいけないことの

一つに,『先に与える』ということがあります。

 

ビジネスは,価値と価値の交換ということを

前も言ったかと思いますが,

価値を感じてもらえないことには,

相手も最初にお金を対価として払ってはくれません。

 

先に与えるというのはどういう状況を生むのでしょうか。

 

 

例えば,試食なんかがそうです。

先に与えて,食べ物とかでも味を確認してもらうということをします。

でもこれって,元から大体予想ついてますよね?

こういったものでも,先に与えて買ってもらうことができます。

 

あなたがお金を払うというときは,

もうどんなものが見返りで来るか大体検討が付いているものにたいして

払っていないですか?

 

マクドナルドやサイゼリアのクオリティをすでにあなたは

しっていて,それでいて注文したりするわけです。

買う前に何が来るかというところまでわかっています。

 

そこで考えてみましょう!

 

一つヒントを出します。

 

あなたのことを全く知らない人が,

あなたの価値を感じてもらえるでしょうか?

 

どのような人間で,どんな価値を提供してくれるのか

不明なのに,クライアントがお金を払ってくれるわけがないですよね。

 

至極当たり前の話ですが,

意外と見えていない部分だったりします。

 

このことについてもっと考えなければいけません。

もうその人がすでにあなたのファンであればいいのですが。。

 

サービスとして提供できるだけの価値を与える必要があります。

そうでないと買った側は不満がたまってしまう結果になるだけです。

 

価値を買う側からすれば価値があるかないかわからないものに

お金を払うはずもないですが,

価値を提供する側から見ても問題があります。

 

お金を取れるだけの自信とサービスがないのであれば,

それだけの価値であるかどうか提供者もわからないのです。

 

最初はお金は取ってはいけない理由はここにあります。

 

「えー。お金もらえないのに

教えたりしなきゃいけないの?」

と思うかもしれませんが,

起業したり独立したりする人はなかなか避けていくのは困難です。

 

なったばかりの美容師のことを考えてみてください。

夢に向かって努力している彼らも仕事終わりに

カットモデルを探して,カットの練習をしています。

 

世の中そんなに甘くないということです。

 

軌道に乗るまでは大変な道のりなんです。

一人前になるということはそれだけ大変なことです。

 

大変な道を進まなくてはいけないのですが,

ここで一つポイントです。

 

「先を見据えて行動しましょう」

ということです。

 

じゃあ今何をすればいいの?

というところです。

 

何かの理由でそれができない場合があると思います。

 

  • 資金がない
  • コンテンツがいまいち
  • やり方がわからない

 

結局これらの言い訳がルサンチマン的になっていないか

原点に立ち返って考えてみましょうよ。

 

すこし思考が変わったかなというときでも,

やっぱり何十年も生きてきてとりついた思考はすぐには離れてくれません。

 

自分を納得させて自ら考えを歪ませ,

足踏みをしないというのはどんどん先に進んでいくために

重要なことなのです。

広告を非表示にする

## 応援お願いします。照 ##


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ