読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その批判は嫉妬かもしれません、存外

ルサンチマンに立ち向かう人を応援します。 理想の自分を手に入れましょう!!

MENU

ネットビジネスをやる→アンチに遭遇


 ◇◆共感した方/ためになった方 応援お願いします◆◇
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ネットビジネスをやる上でのアンチについてお話しします。

 

特定のキャラを嫌うことをアンチといいますが,

ネットビジネスでは特定のキャラを作り上げていくということを

そもそもしていくので,アンチが現れて当然なのです。

 

アンチ

 

成功するにつれて,自分のファンというのは多くなります。

それに伴うような形で,自分のことを否定する人も多くなっていきます。

 

嫉妬心から自分のことを否定する人も出てきます。

 

本当はすごいと思っているキャラだったとしても,

素直に認めてしまうことをしたくないがために,

自分の見えている世界を正当化するために,

対象をすごくないことに無理やりしてしまうのです。

 

そっちのほうが,自分が生きていく上ですごく楽ですからね。

 

もっと噛み砕いて言ってしまえば,

 

特定の人がうまくいっていることを認める

= 自分がうまくいっていないことが自分の表面に曝け出されるのを感じてしまう

 

ということですよね。

 

このうまくいっていないことを感じてしまった人は,

すべてが中途半端でうまくいっていない人になります。

いわゆる弱者です。

 

芸能界でもそうです。

 

人気のあるアイドルとかでも,それをうらやましく思って,

ディスる人が必ずいます。

 

目立てば目立つほどそういう意見が出てきます。

 

しかし,ネットビジネスでは目立つことは一つの成果なわけです。

 

 

人間というのは,自分の中に持っている主観に対して,

異物が入ってくるのを拒みます。

その異物は意見だったり,正論だったりするわけです。

 

成長するにはその異物をいかに自分の中で処理するかですよね。

これができるひとは素直な人と決まっているので,

素直な人の成長は早いわけですね。

 

アンチの人は,その異物を処理できずに突っぱねてしまう人のことです。

しかし,それを異物と判断している時点で,

同時にある程度価値のある情報ということを認めていることでもあります。

 

興味がなかったらスルーするのが人間ですからね。

どうでもいいこと,直感で価値が感じられないものは

どんどんスルーして楽をしようというのが,最近の僕の生き方です。

 

インプットが多いと,価値の差が見えてきますよ。

 

 

僕のブログを読んでくれている人ならお気づきのはずですが,

このお話はルサンチマンのお話でした。

 

アンチの大部分はルサンチマン的な思考をしているひとですが,

しっかりアウトプットがある人と位置付けられます。

 

ただ,アンチと分析結果を喋る人は違います。

分析結果が結果的な批評になる場合もあるということです。

アンチ ≠ ルサンチマン的思考

ですので。

 

 

 

あとがき

たとえ話です。

野球界でいうと,アンチ巨人ファンってたくさんいますよね。

 

でもその多くって,有名な選手が多かったり,

結果的に強いチームで勝つことが多かったりと,

そういう理由で,「アンチ巨人ファン」ですって人は

少なくないと思うんですよ。

 

みんなどこかで実は知っているんですよ。

それと同じ心理状況が世の中にも働いているということですね。

広告を非表示にする

## 応援お願いします。照 ##


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ