その批判は嫉妬かもしれません、存外

ルサンチマンに立ち向かう人を応援します。 理想の自分を手に入れましょう!!

MENU

有名な象のお話です


 ◇◆共感した方/ためになった方 応援お願いします◆◇
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

もう知っていらっしゃる方がほとんどかと思いますが,

僕も始め,なるほどなーと思ったことなのでお話ししますね。

 

サーカス

 

この絵を見てみましょう。

 

サーカス等で足に鎖が繋がれて逃げないように,

おとなしくさせるために拘束しています。

 

この像はもう大人ですが,鎖につながれて拘束され始めたのは子供の時からです。

ずっと鎖につながれて生きてきたのです。

 

 

この像が子供の時の話,

サーカス用の芸を教え込まれますが,簡単にはできるようになりません。

当然小象は逃げたかったわけです。

 

しかし,後ろ足が鎖につながれていたので,

逃げることはできませんでした。

 

何度もトライして杭を外そうとしますが,力及ばず外れなかったのです。

 

やがて,小象は逃げること自体をあきらめてしまいます。

 

成長するにつれ,芸ができるようになった象は,

褒美に好物をもらえるようになります。

 

それなりに今の生活に満足してしまうようになると,

「自分は逃げることができないのだから今のままでしょうがない

「一生このままでいいや,安定

と思い込むようになりました。

 

「自由になりたい」「もっと違う世界が他にあるのかもしれないな」

と時々思うことはありましたが,

やはり「自分には無理」と自分で自分をコントロールします。

 

そういう生活をしているうちに小象は大人になり,

図体もかなりおおきくなりました。

 

足は相変わらず鎖につながれたままです。

 

もう象にとっては鎖につながれた杭が抜けるか抜けないかなど

考えもしませんし,抜いてみようとも思いません。

 

後はそのままの日常を繰り返すだけです。

 

 

象は本当にこの状態で逃げられないのでしょうか。

 

大人に成長した像は実は逃げることができるようになっているのです。

今の力をもってすれば,杭一本抜くくらい軽く抜くことができます。

トン単位の力を出すことができますので。

 

ではなぜ,逃げないのか。

それは,もう諦めてしまっているからです。

 

自分が思い込んでいるわけです。できないと。

昔の経験からそう思い込んでいるのです。

 

でも野生の象からすれば滑稽なわけですよね。

なにしてるんだろう???? といった具合で。

 

 

人間に置き換えても,同じような状況になっている人はいるのではないでしょうか。

子供のころに大人に言われたことによってあなたの思考や価値観は

構成されています。

 

「あれはできてこれはできない」

という固定的な概念だけが先行して,

実はなにもまだやっていないという状況が生まれているはずです。

 

「自由に生きたい」

「お金に余裕が欲しい」

 

なりたい自分はきっとあなたにもあるはずです。

 

何かを感じた方は,僕にLINEしてくださいね。

相談に乗りますよ。

 

今のあなたは鎖につながれていますか?

もういい大人なんですから簡単に外れるかもしれませんよ?

## 応援お願いします。照 ##


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ