読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その批判は嫉妬かもしれません、存外

ルサンチマンに立ち向かう人を応援します。 理想の自分を手に入れましょう!!

MENU

見返りを促す心理手法 返報性


 ◇◆共感した方/ためになった方 応援お願いします◆◇
   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

よく「先に与えましょう」という言葉を使いますが,

これには心理学的に裏付けがあります。

 

返報性の法則といわれていますが,

人は自分に好意的に何かを与えられると,

何らかの形で恩返しをしようという気持ちが少なからず働きます。

無意識に働いていることが多いと僕は思いますが。

 

先に与えようというの記事でも紹介しましたが,

やはりスーパーの試食が一番身近でしょうか。

 

試食品を食べさせてもらって,買わないといケースは多いと思いますが,

少し罪悪感が残るのではないでしょうか。

もちろんそうでない人もいます。慣れというのはそういうものです。

 

しかし,お店の人からして見たら与えているだけです。

買ってくださいね。とはいいませんよね。

 

これが重要なのです。

見返りを求めた時点で負けです。

ですから,逆に試食品は別に買わなくて全然いいんです。笑

 

相手の心理状況が返報性の法則からは遠ざかってしまうためですね。

 

与え続けることで,信頼関係が生まれたりもするわけですし,

その個人の返報性の閾値を超えた段階で初めて

何かしらの見返りがある場合があります

必ずというわけではありません

 

 

返報性の法則の応用

この法則は営業にもネットビジネスにも使えます。

 

確実に信頼できる情報源と自分がなることで,

相手はそれに応じた見返りをいつかしてくれるかもしれません。

営業の仕方次第で割合は変わってきますが,

その人から聞きたくてしょうがなくなるケースが生まれるのです。

 

ネットビジネスでもそうですね。

無料でいろいろもらえる時代ですから,

その無料のものの価値が自分と一致すればきっと

クライアントは自分に何かをもたらしてくれるでしょう。

 

f:id:peechjam:20161016105324j:plain

 

この返報性の法則は,挨拶なんかでも働きますし,

自然とみなさんが日ごろから人間関係を築く上で実践していることなので,

”気づく”ということが大事ですね。

そして実践です。

広告を非表示にする

## 応援お願いします。照 ##


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  
人気ブログランキングへ